HOME > ソリューション > 貿易業務管理ソリューション

お問い合わせ

物流改善のご相談、システム検討のご相談など、お気軽にお問い合わせください。NTTデータがお客様のパートナーとしてご支援いたします。

資料ダウンロード

こちらから各種ソリューション資料やセミナー資料のダウンロードができます。

メールマガジンお申し込み

貿易やグローバルロジスティクスに関する、最新トレンド、イベント・セミナー情報、お客様のお声など、NTTデータならではの視点で情報ご提供を致します。

ひと、書類、NACCS、つながる クイックでスマートな貿易に。

貿易業務管理ソリューション TradeBook®II

このページのURLをメールで送る

製品概要

TradeBook®IIは、ビジネスのグローバル化により業務負荷が増大する貿易業務の、業務効率化やコンプライアンス、コスト削減など以下のようなビジネス課題を解決します。

「荷主企業様の課題」

  • 輸出入の全量把握と貿易関係文書の一元管理
  • グローバルの貿易業務プロセスの標準化とコンプライアンスの確立
  • 基幹システム、物流事業者、海外取引先等とのシステム連携による業務自動化
  • 貿易関係文書の電子化、ペーパーレス化

「3PL、物流事業者様の課題」

  • 荷主との取引業務の効率化、貿易関係文書のシームレスな連携
  • 荷主、物流事業者との情報共有の促進とコミュニケーション・ロスの撲滅
  • 荷主からの業務請負サービスのレベル向上

TradeBook®IIを中心とした弊社の貿易業務管理ソリューションでは、お客様のニーズに合わせて以下のソリューションを提供します。

【業務の効率化】 貿易業務の電子化および情報の共有

  • NACCS※からの「通関許可書」情報と貿易関係書類を紐付けて電子的に保管し貿易関係書類の一元管理を実現します。これにより関連する貿易関係文書の紐付け検索が可能となり、管理業務が大幅に効率化します。
  • NACCS※からの「通関許可書」の電子保管が可能となります。電子帳簿保存法が規定する「関税関係帳簿の電磁的記録要件」を遵守しています。
  • TradeBook®IIを貿易業務のコミュニケーションスペースとして活用し、情報へのアクセス権、捜査権限などを管理しながら、社内の部門間やフォワーダー等とのスピーディーな情報共有と連携が実現できます。

【貿易実績の可視化】 全輸出入を一元的に把握

  • NACCS※からの「通関許可書」情報をデータベース化することにより、お客様企業の全輸出入を把握することが可能となります。 ガバナンスの向上と集計、統計帳票が容易にできます。

【業務プロセスの標準化】 業務の標準化とコンプライアンスとガバナンスの強化

  • 貿易関係書類の作成を含む業務プロセスの標準化を実現し、リードタイムの短縮と、手入力や再入力をなくすことによる作業品質の向上を実現します。
  • 業務プロセスのワークフロー化により確認、承認が確実に実施され、貿易業務のコンプライアンスを強化します。

【業務の電子取引化と関税関係書類のペーパーレス化】

  • 基幹業務システムや関連システムとの連携により、貿易関係書類の自動作成やフォワーダーとの電子取引までシステム化を進めます。電子帳簿保存法が規定する「電子取引の取引情報の電磁的記録要件」を遵守する環境の構築も可能です。
  • 通関許可書と、紙や電子的に取得する関税関係書類(契約書、I/V、P/L、価格表、B/L、運賃表等)の電子的保管と、一元管理(紐付け検索可能)を実現します。電子帳簿保存法が規定する「関税関係書類の電磁的記録によるスキャナ保存要件」を遵守する環境の構築も可能です。

(※)輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社が運営する官民共同利用型のオンラインシステム。

TradeBook®IIの適用業務範囲

TradeBook<sup>®</sup>IIの適用業務範囲

TradeBook®IIの機能概要

TradeBook<sup>®</sup>IIの機能概要

導入による効果

【業務の効率化】 貿易業務の電子化および情報の共有

  • リアルタイムに取得する通関実績の情報と貿易関係書類を紐付けて一元管理することにより煩雑な書類の取り回しが無くなり業務が効率化します。また、通関業者との依頼内容の確認にかかる作業負荷を大幅に削減できます。
  • 電子的に保管した貿易関係文書の「紐付け検索」により、税関事後調査や輸出消費税の還付の証跡をスピーディーに探すことができ、管理部門の対応作業が大きく変わります。
  • 貿易業務に必須の関係者間のコミュニケーションが確実かつスピーディーに実施でき、情報伝達や進捗確認に要する時間と作業コストを削減します。

【貿易実績の可視化】 全輸出入を一元的に把握

  • リアルタイムに取得する通関実績の情報を自動でデータベース化することにより、全輸出入を把握し管理の抜け漏れをなくします。あわせてコンプライアンスの強化とガバナンスの向上を実現します。

【業務プロセスの管理】 業務の平準化とコンプライアンスとガバナンスの強化

  • 貿易業務プロセスの標準化を実現し、作業や承認のリードタイムを短縮し効率化します。業務プロセスをいくつかの条件で分類し定型化することにより確認、承認を確実に実施するコンプライアンスの強化が実現します。
  • 各作業の進捗管理機能や作業完了のメール通知機能など業務の遅延、停滞を防ぐことが可能になります。
  • グローバルへのロールアウト時には標準化された業務を短期間で展開することが可能です。

【業務の電子取引化と関税関係書類のペーパーレス化】

  • 基幹業務システムや関連システムとの連携により、貿易関係書類の自動作成やフォワーダーとの電子取引までシステム化することが可能です。貿易業務の全関係者と1つのコミュニケーション環境を共有することによりリアルタイムで作業ミスの少ない業務連携が実現できます。
  • 貿易物流業務のリアルタイムな実情報を収集し、グローバル業務の可視化と改善策検討をPDCAサイクルで実施することができます。

ステップ導入と実現効果

ステップ導入と実現効果

TradeBook®IIの情報管理基盤としての機能

  1. ユーザー管理
    ・独自管理(IDとパスワード)、SSO対応可能(別途相談)
    ・履歴(操作ログ)管理
  2. 権限管理機能
    ・アクセス管理...プレーヤーごとのアクセス制御、ファイル単位で設定可能
    ・操作権限管理...プレーヤーごとの操作権限付与
  3. 管理文書の更新履歴管理
  4. ワークフロー機能
    ・基本機能:画面、帳票作成機能
    ・ワークフロー機能:ルート、コンテンツ、権限、ルール等をフローとして定義可能
    ・業務プロセスの評価、分析機能
  5. 多言語対応...日本語、英語、中国語に対応
  6. システム連携
    ・NACCS連携...netNACCS電文をバッチ処理で自動取り込み
    ・社内/社外システム連携...SAP等の他システムとの連携、データーマッピングが可能
    ・紙文書取り込み...TradeBookから出力するQRコードを付けて文書をスキャン。
     TradeBook で所定フォルダに自動格納

よくあるご質問

誰のためのサービスですか?(対象部署、役割、業務など)

荷主様(製造業、商社等)貿易を実施している企業様に導入して頂き、物流業者様や船社様にもご利用いただけます。3PL・物流企業様主体にご導入頂くこともいただけます。

貿易書類については誰が原本保管する必要があるのですか?

関税法により荷主様が紙面にて原本保管することが義務付けられています。

貿易書類をペーパレス化するためにはどのようにすればよいですか?

ITだけではなく、国税庁様、税関様が定める事務処理運用へ運用整理を実施し、関係省庁様への申請が必要となってきます。
NTTデータの電子化コンサルティングで仕組みや運用の整理、関係省庁様への調整も実施させていただきます。

BPR等業務コンサルティングも実施して頂けますか?

20社様以上の導入実績により、お客様をリードしてBPRを実施することができます

クラウドサービスはないのですか?

SAASサービスとしてご用意はしておりませんが、IAAS PASSでのプライベートクラウドでのご提供もさせて頂くことができます。

NACCSへの加入は荷主でもできるの?

可能です。弊社はNACCSをご提供させて頂いているベンダとして申請方法・活用方法まで豊富な知見がございます。弊社営業マンにご相談頂ければ申請方法までサポートさせて頂きます。

NACCSは有料なの?

輸出入許可通知書の取得であれば、無料で取得することができます。